2012年09月29日

熊本のラーメン〜文龍菊陽バイパス店の巻〜

は〜〜い!メタボンどぅぇ〜す!
温泉ちょっとお休みにして・・・またまたラーメンで行っちゃいます。

今回のお店はMK食品のMRシラフマンさんからのおススメでぜひぜひということになって・・・・
さあ〜どんな熊本ラーメンか楽しみです。

002.JPG

外観です。入口の看板からインパクトがあります。ええね〜こんなん!(^^)!。もうワクワクだよ!


003.JPG

お昼チョイ過ぎだったけど店内は結構のお客さん。やっぱ人気のお店なんだよね!


006.JPG

出てきたラーメンがこれ!!いや〜あすごい!!
スープはコテコテでドロリンチョってしています。(メタボンも今までこんなスープに出会ったことないなあ)意外と見た目ほどしつこくなく、濃コクですがなかなかうまい。麺は熊本では珍しいちぢれ麺でスープの絡み付きがすごいよ。画像のレンゲの上につけているのは「からしみそ」


004.JPG

こんなにテーブルに「どさっ」って置いてあります。


009.JPG

食後の残りスープを見よ!たくさんのエキスいっぱいって感じ。もちトンコツラーメンです。

個人的にはもっとスープ飲みたかったけど・・・・すぐにメタボンはピーピーになっちゃうから(-_-;)

このラーメンが1杯590円!う〜〜ん満足の味でした。近くにあれば通っちゃいそう!!また食べたい!!

じゃね!!

posted by メタボン at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | らーめんでぐるメタボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

大分県の湯〜天ケ瀬温泉川湯めぐり〜

はあ〜〜い!メタボンで〜〜す!
うお〜〜お!更新がえらく早いね〜〜(あんたもう危ないんじゃない(-_-;)って思ってらっしゃる方もいるでしょ!

そう!いろいろ温泉地に行くけど早くアップしないとどこがどこだかわからなくなっちゃうんですね〜。
(物忘れがひどくなって・・・・年は取りたくないね〜ぇ(+_+)

さて今回はあの有名?な天ヶ瀬温泉のご案内です。

ご存じの方も多いと思いますが、玖珠川の川沿いに温泉旅館がたちならび、そのまわりに絶壁がそびえたち、温泉街雰囲気抜群のスポットです。

この玖珠川沿いに地域の方々の努力で共同露天浴場が作られ、地元の方はもちろん、観光客にも開放されて雑誌等でも有名な野湯的存在になっています。

しかもこの界隈の泉質はエリアでも硫黄臭がつよく、日によって温泉の色が変わり、白い湯の花がたくさん舞っています。(湯の花は鹿児島の丸尾温泉「旅行人山荘」のそれと酷似してるよ!)

ではぼちぼちご案内。

039.JPG

特急「ゆふいんの森」号で天ケ瀬に到着。


040.JPG

041.JPG

058.JPG

駅に着くとこんなカワイイお迎えが!!


042.JPG

033.JPG

034.JPG

駅のそばには温泉地らしく「足湯」と「手湯??」があります。(足湯はちょっとある意味体勢が恥ずかしいかも)


駅前温泉 (5).JPG

まずは駅降りて道路を渡り川に向かって下るとすぐのところに「駅前温泉」があります。天ケ瀬の川湯では一番人目につかないところ。女性にもオススメ!


027.JPG

ここは特にお湯の色の変わる温泉でして


047.JPG

ちょっと前はこんなに透明度のお湯でした。


052.JPG

そばには玖珠川の流れがあり川を眺めながらとても気持ちがいいです!
この川沿いにならんで露天風呂川湯が並んでいます。

ところが・・・・この玖珠川が結構の曲者でして(管理者のDさんよりも困ったちゃんなんですよ!!(^^)!)
降雨の関係で川の増水が著しく台風・大雨の時には想像もつかないほど増水し、しかも急流とあって、この川湯も濁流に巻き込まれます。
大雨増水の後の川湯は見るも無残な光景になっています。

以前は9か所あった川湯も今は7か所が機能しています。(配管が切れたり詰まったり・・・・石や泥・ゴミで浴槽が壊れたり・・・いやはや地元の皆さんの根気ある努力で現在があります。
だって年に2,3回はこんなんなるんだもんね(-_-;))

続いて・・・


029.JPG

こちらも露天風呂なんですが「シャレ-水光園」というお宿の露天風呂。「かじかの湯」として一時期は大人気でしたが、いまは2槽の浴槽のうち1つだけしかお湯をためていません(ちょっとがっかり)。

そのおとなり奥に


古湯5組共同湯.JPG

古湯5組共同湯があります。ちょっと熱かったのでホースが入れてありました)^o^( 
大胆ですなあ〜

川の対岸には目の前に


029.JPG

益次郎温泉です。(大村益次郎と関係あんのかな??)
浴槽を写していませんが古湯5組共同湯と同じ造りです。一時期は悲惨な姿でした。
(増水の時にはなぜか川上から向って右側の方が被害が大きいようです。)

再び古湯5組共同湯からすすんでいくと


030.JPG

「薬師湯」です。広さといい、眺めといい男性は一番入りやすい場所だと思います。
画像は浴槽むき出しですが(多分7月の豪雨のせい)通常は目隠しの手すりがつけられています。
湯温も調節されてよく管理されています。

031.JPG

ちゃんと決まりを守ろうね・・・・

またまた脱線だけど・・・以前は24時間自由に入れる露天でした。
最近の心無いマナーの悪い人の入浴が多くなったのと酔って騒いで・・・・はたまた殺人事件も起こったため組合で夜10時以降はお湯を抜き入浴禁止となりまして・・・・いやはや(-_-;)


続いて天ヶ瀬でいちばん度胆をぬくおふろがこちら


神田湯 (1).JPG

神田湯(じんでんゆ)です。

何がって??画像のとおり360℃丸見え!!前は旅館がいっぱい!すぐそばは道路(人・自転車・バイクが通る道だけど)で
道のそばの水溜りか池に入ってるようなもんです。


神田湯 (2).JPG

でも勇気をだして入ってみると解放感丸出しでええよ!!(混浴やけど女性はちなみに水着禁止なんだ)

最後に一番奥に位置しています、


鶴舞の湯 (4).JPG

鶴舞の湯です。


鶴舞の湯 (2).JPG

ちょうどお湯張り中でまだいっぱいになっていませんでした。(何度も入ってますが川湯では一番透明度の高いお湯です。さらっとして気持ちいい。)


鶴舞の湯 (3).JPG

結構見えにくくしてありますので、女性も安心かも。

とりあえず、全部ご紹介いたしましたが、みんな源泉かけ流しで料金は100円也!(シャレ-水光園は500円)
やっぱ天ヶ瀬きたら男も女も!(^^)!入らんにゃ損・損!!
詳しくはこちらでもど〜〜ぞ!!


http://www.amagase-k.com/index-yumeguri.htm

じゃね!!


posted by メタボン at 11:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 大分県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

〜別府温泉「不老泉」の巻〜

はーい!メタボンで~~す!
珍しく早い更新です。先日ひさびさ(いやたびたびやろ(-_-;))別府に行ってきました!
今回ご紹介の「不老泉」はかの昭和天皇もご入湯された別府の温泉施設でもかなりの歴史的・伝統的にもすごい温泉施設で、現在は別府市営温泉として営業しています。

ここでちょっと横道にそれますが・・・別府市民と温泉は生活に密着して切っても切れないものですが、
小原庄助さんに代表される「朝湯」が大好きで、しかも一日の始まりとして入浴→出勤の方が多いのにはびっくりします。朝6時~7時頃9つのエリアの市営温泉に入浴しましたが、ほとんどのところで朝湯の後そのままワイシャツ姿で出ていくサラリーマンを見かけます。特に別府駅近くの不老泉は脱衣所・浴槽の広さも相まって特に多く見かけます。(あさからシャキッと清潔の別府ビジネスマンはホント羨ましい(^_^;))

その不老泉のご案内!!

077.JPG

入口は公民館と施設が同居しています。


079.JPG

入口です。市内温泉の共通デザインの暖簾があります。


084.JPG

082.JPG

脱衣所は広いです。(年季入ってますねぇ〜)
浴槽は階下にデ〜ンとあります。


080.JPG

浴槽です。結構広いです。もちろんこれのみです。


081.JPG

バリアフリーの手すりも付けてあります。


083.JPG

外観は円形で当時はなかなかモダンだったのでしょう。

メタボンんもゆっくり浸かることができました。お湯はちょっと熱いかな(43℃)〜と思いましたがさらっとしていいお湯です。

ところが・・・上がる前に番台のおばちゃんが湯温を測りにきて・・・その温度が45℃でした(@_@;)
一緒にあがったおじいちゃんが「これくらいないとぬるくてかなわんよな!」っていうもんだから「そうですね〜」なんて言ったけど・・・メタボンサーモが壊れてしまったのか、はたまた熱いのに慣れたのか・・・
うれしいやらショックやらで複雑(体で温度がわからなくなるよ〜〜)。

でもいい温泉!!これで100円!!やっぱ別府!!

じゃね!


posted by メタボン at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 別府の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

山口県の湯〜清水湯(清水温泉)の巻〜

は〜〜い!メタボンで~す!連続更新!!(年に何回あるかいな(-_-;))

今回は山口県のお湯でしゅ!
過去に山口県の温泉は制覇しましたが・・・画像がないんでまたボチボチと
その中でもオススメの温泉です。
ここは昔は「奥湯田温泉」なんて呼ばれてた頃もありますが今では「清水湯」という共同湯となってます。
ではご案内

042.JPG

外観です。なかなかシャキってしてるでしょ!


043.JPG

入口に完全かけ流し温泉のご案内があります。


047.JPG

温泉分析書。もともと湯田温泉界隈は中国地区でも珍しく、山陽側で高温泉が湧くエリアはここ以外にありません!(ある意味うらやましい)

脱衣所の画像が撮りたかったけど上がりのお客さんで一杯で無理でした(ぜひ行ってみてね)

おかげさまで浴場にお客さんが居なかったので1枚


045.JPG

ご覧のとおり、浴槽は主浴槽とジャグジー付き副浴槽、さらに画像には写っていませんがミストサウナと水風呂があってとても豪華です。
主浴槽は43〜44℃くらい、ジャグジーの方は40℃くらいの湯温です。またお湯が澄んでいてきれいです(たまに湯の花の黒い析出物が混じりますが(-_-;))。それが絶えずかけ流しになっています。
肌ざわりはさらっとしてよく温まるいいお湯です。
2本の浴槽とも同一源泉なんでしょうが、ジャグジーの方のお湯は鳥取の三朝温泉「株湯」と全くの同じ香りがしましたのでびっくりしましたが(-_-;)

これで料金390円!(だったかな)

メタボン的には山口県の中でもかなりいい温泉です。山口市の中でもピカイチの温泉ですね。
(逆に湯田温泉は回し湯の循環湯ばっかりでなく、やっぱ源泉掘らんといかんよ(ーー゛))
場所はR9号を曲り山口市の済生会病院のおとなりです。すぐわかるよ!駐車場も10台くらいあります。

じゃね!



posted by メタボン at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分のラーメン〜ラーメン工房「ふくや」の巻〜

は〜い!メタボンで〜す!maechin さん応援ありがとうございます!!

またまたラーメンですよ!前回のご案内通り今回は大分のラーメンです。
大分って・・・主流の味は何なのかな?ここのお店はメタボン大好きな超豚骨のお店で久留米ラーメンよりあっさりしてコクのあるスープでしてとってもおいしかったよ!!大分に行くと必ず食べたくなります。
お昼時は順番待ちもざらです!

さてご案内

073.JPG

大分駅北口を出て大友宗麟公の銅像側のお店です。すぐわかります。

店内ちょっと暗いですが・・・(-_-;)、豚骨スープの香りがして食欲をそそります!(^^)!


069.JPG

メニューです。意外とリーズナブルです。


072.JPG

出てきたラーメンがこれ!!


070.JPG

麺は細麺ストレートでスープとよくマッチしています。スープは塩辛くなくよくコクがでていまして飲み干せる程の旨さ!!


038.JPG

餃子も羽根つきでパリッと焼いてあってこれもまたおいしい!!
これでラーメン550円!いや〜釣りはいらねえよ!とっときな!!って感じの満足の一杯でした!
次回は本業の温泉紹介です。お楽しみに!(っていつになるかわかんないけど(-_-;))
じゃね!


posted by メタボン at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | らーめんでぐるメタボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする