2013年02月17日

鹿児島県の湯〜紫尾温泉「神の湯」の巻〜

はあ〜い!!メタボンどぅえ〜す!

連続更新バンザイ!!今日はず〜っと前からご紹介しようと思っていました紫尾温泉です!!(^^)!
この温泉は鹿児島県でもかなり効能豊かとゆうか、すご〜く力のある温泉なんですね〜

皆さんはさあ、温泉入ったあとどう感じるのかな??さっぱりしたとか、温もったとか、はたまた疲れがとれた〜〜とか・・・・

ところで自分のカラダにいい温泉は入浴後にねえ〜
「カラダがだるくなる」
温泉がその方によく効く療養泉だと思ってます。

こいつに定期的に入ると体の調子がよくなっていきます!!・・・ってメタボンの持論ですが、あながち間違いではないですよ。

皆さんもご自分で「この温泉入ったらもうだるくって何もしたくない・横になりたい」とか言える温泉を見つけましょう!!

さて、今日のご紹介の紫尾温泉はメタボンが一発アウトになったすごい温泉です。

紫尾温泉 (2).jpg

入口です。「神の湯」てえのはこの建物のお隣にあります「紫尾神社」の神殿下から湧き出た温泉だからです。


紫尾温泉 (1).jpg

温泉分析書は通常の約50℃の単純硫黄泉です。無色透明とありますが


紫尾温泉.jpg

実際は少し緑がかっています。お湯は硫黄泉にしてはまとわりつくようで重い感じがします。鹿児島ではなかなかお目にかかれない泉質です。硫黄泉でPH9.4はかなりアルカリ度が高く、そのせいかもしれません。


紫尾温泉 神の湯.jpg

浴後は汗だくだくでどっぷり疲れてすぐに車の運転なんてできそうにもありません。夏に入ったら汗出まくりで脱水症状になっちゃうかも(-_-;)

いやはやすごい温泉。もちろん飲泉も可能でなんと200円!(いまはどうかな??)
おすすめの一湯!!山口からは遠いけど入浴の価値十分ありますよ!!

じゃね!
posted by メタボン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

中国地方の湯〜岡山・湯原温泉「砂湯」の巻〜

はあ〜〜い!メタボンで〜す!
おっ、今季更新早いね〜って・・・・お仕事一段落したんで久々温泉をば!(^^)!

今回ご紹介するのは西日本でも超有名な湯原温泉です。
ここは岡山県でもちょっと山陰寄りの「真庭市」ってとこにあってここの凄いのは莫大な湯量と泉質と自噴泉が多いということです。

ご紹介の「砂湯」は温泉番付でも東の宝川、西の湯原といわれそれは貫禄の露天風呂です。
ではご紹介。

湯原温泉 砂湯 (1).jpg

名湯砂湯です。広大で非常に風情のある露天風呂が、待ち構えています。


湯原温泉 砂湯 (2).jpg

側にある温泉番付。貫禄の西の横綱。


湯原温泉 砂湯 (4).jpg

浴槽は全部で3つ。手前から長寿の湯・子宝の湯・右端にちょこっと見えるのが美人の湯です。

これらがすごいのはみんな浴槽の底から湯が沸きだしている自噴泉なんだよ(^_^)/。

底から砂ごと噴き上がってきたので「砂湯」って呼ばれるようになったんだ。しかもさらっとしたアルカリ性単純泉でもちろんかけ流し。

湯温は長寿の湯が一番高く、美人の湯が一番低いかな(美人の湯は側に湯原ダムから流れ出る川があるからかな)?。
お湯の透明度は高いけど地下から砂はもちろん、いろんなものを吹き上げてくるよ〜。それがまた楽しい!!


湯原温泉 砂湯 (3).jpg

6月26日「露天風呂の日」発祥の地の石碑があります。(体が暑くなってきたらこれをさわってヒンヤリとしたもんです(-_-;))


湯原温泉 砂湯.jpg

側にある「湯原ダム」です。すご〜く大きいダムです。(こいつ決壊したらアウトやろな〜(-_-;))

ここの温泉は市の文化財になってるのですが、入浴者のまなーの悪さが問題となっているようですので入浴される方はルールを守って入ろうね。

また混浴で無料ですが変な気起こしちゃあ〜だめだよ!!
温泉ファンにはぜひぜひおススメの一湯!!

じゃね!

posted by メタボン at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

鉄道の旅〜東北地方編〜 会津若松の旅part.4

は〜い!メタボンで〜す!!
実に2週間ぶりの更新です!m(__)m  なんかねぇ〜「やる気はあるけんカラダがついてこん!」(ってどっかで聞いたフレーズやな!)状態で久々のスランプ(-_-;)・・・こうなりゃうまいもんでも食うか!てなると
Dさんが「そろそろグルメタボンを!!」って・・・・ねえ、どおする??(@_@;)

んなわけでいよいよ最後の会津の旅。きょうはこれから山口に帰ることになりますよ!

行程は会津若松〜郡山〜いわき〜上野〜東京〜新山口の順。
んだば、ぼちぼちと

005.jpg

004.jpg

会津若松を6:00発でいよいよスタート!!


007.jpg

郡山行きの列車に乗ります。この日も寒かった〜マイナス2℃だもんね!


013.jpg

郡山駅に到着。駅正面に出てみるとホントすごい大都会!です!!


012.jpg

ここは東北新幹線の改札。


011.jpg

在来線のいわき行きに乗ります。
ここでご案内。郡山〜新津までを磐越西線、郡山〜いわき間を磐越東線と呼んでどっちも郡山が始発なんです。


016.jpg

018.jpg

さすがに乗客も多いです。


メタボンの乗る列車はこちらでど〜ぞ!



022.jpg

三春駒で有名の三春駅。


025.jpg

上り列車です。


036.jpg

この線は別名「ゆうゆうあぶくまライン」って名前なんだけどそれらしきもの(阿武隈川)が見当たらないね〜


035.jpg

もしかしたらこれでしょうか??
そうこうしているうちに列車は終点の「いわき」に到着。
こちらも動画で!!



038.jpg

040.jpg

042.jpg

いわきからは常磐線で上野まで普通列車グリーン席で帰ります!(^^)!。ホント、設備がよくって快適!!


075.jpg

水戸駅に到着。ここも結構なにぎわいの駅です(やっぱ東京近郊はすごいね(@_@;))


088.jpg

メタボンは水戸駅でまたまたお酒を仕入れてきました。この梅酒がうまかったあ〜(ってなんでも飲むのお〜お前!)
結構酔っぱらって、トイレに行きたくなったとき土浦駅に到着。4分停車するのでホームに出たら、

084.jpg

087.jpg

「フレッシュひたち」が到着。デザインも着色もメタボンお気に入りです。(「ひたち」にスーパーとかフレッシュとか名前があんのやけど、お客さん間違わんかいなあ〜)


091.jpg

列車はいよいよ利根川を渡り千葉県へ


093.jpg

094.jpg

「柏」「松戸」と過ぎていよいよ東京へ


099.jpg


北千住に到着してスカイツリーも見えてきました。

095.jpg

103.jpg



京成日暮里駅も見えてきていよいよ上野に到着。


104.jpg

これから東京駅に向かい、ちょっと新しい東京駅をご案内です。


107.jpg

正面。


119.jpg

中央広場天井。すごいね!芸術!!


108.jpg

117.jpg

125.jpg

とまあ(説明うまくできないけど…(-_-;))すごい!(っていうしかない(^_^.))


130.jpg

さあいよいよ新幹線乗車です。


131.jpg
 
15:10の「のぞみ43号」に乗ります。


その前に名物の駅弁をば!!

143.jpg

144.jpg

145.jpg

「品川貝づくし」です。うまそうでしょ!(実に美味かったよ!東京行ったらぜっていかわにゃあ〜駄目だよ!!

弁当食って・・・・ビール飲んで・・・


136.jpg

帰りの富士山も実に見事で言うことなし!!
(メタボンの日頃の行いが良いからにほかなりません(-_-;))
ちょっと強行軍だったけど・・・・行ってよかった!!

今回はこれでおしまい!次回はん〜〜〜と??(-_-;)

じゃね!

posted by メタボン at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の旅〜東北地方編〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする