2013年11月29日

中国地方の湯〜島根県・有福温泉御前湯の巻〜

はあ〜〜い!メタボンで〜す。ずいぶんご無沙汰しちゃって・・・いやあ〜仕事に一所懸命で!(って年末のお仕事に追われてただけだけど(-_-;))。ずいぶんブログも開けてみてなかったよ!また頑張るからね!!

さて今日は島根県の「有福温泉」のご紹介です。有福温泉は島根県江津に位置する「美人・美肌の湯」として有名な温泉ですが、今の温泉地のような派手さはないけど、とにかくお湯の良さに定評があって、メタボンも大好きな温泉のひとつです。特にこの「御前湯」はおススメです。

島根紀行 (2).JPG

島根紀行 (4).JPG

外観と案内板。


島根紀行 (5).JPG

入口に番台?があって左が男湯で右が女湯です。


島根紀行 (12).JPG

島根紀行 (10).JPG

脱衣場は広々として、温泉分析書が掲示されています。
湧出温度が47℃なんで源泉かけ流しなんです!(^^)!


島根紀行 (13).JPG

島根紀行 (8).JPG

自慢の浴槽です。


島根紀行 (17).JPG

浴槽中央の台座から3つの湧出口があってそこから源泉が注がれています。湯温は41度くらいです。もうトロトロのお湯ですが、お湯にがめつさがあって、ホント虜になる温泉です。(島根県の温泉はレベル高いところが多いんです。)

この感動を動画でど〜ぞ!





いやあ〜ほんとにすごい!メタボンも今回で5回目の入浴だけど、いつも期待に応えてくれる素晴らしいお湯です。「アルカリ性単純温泉」の代表格といっても過言ではありません。ぜひ皆さんも入ってみて!!
ちなみに料金は300円也!!すげえ〜よホント!!


じゃね!!



posted by メタボン at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

大分県の湯〜湯平温泉共同浴場「橋本温泉」の巻〜

は〜〜い!メタボンで〜す!!
ちょっとご無沙汰です!ここんところ前倒しの仕事がたくさんありまして・・・・ちょっと振り回されています。
そんな中でどこからともなく「更新まだあ〜?(-_-;)」に声が聞こえてきまして・・・
では!てなわけで(ホントは更新にムラがあるからいかんのだけれど)

きょうは湯平温泉のご案内。ところで、ここの湯平温泉は由布院温泉の近くにあり、往時は由布院温泉よりも歴史が古く、療養型温泉として有名で、戦前の頃は別府温泉に次ぐ、九州で第2位の入湯客を誇る温泉地でし
た。
ここには現在5か所の共同浴場がありまして、そのひとつの「橋本温泉」のご紹介です。この共同浴場が一番広いんじゃないかな。

037.JPG

入口です。


038.JPG

湯平温泉の共同浴場はどこもこのように薬師様がお祀りされ、地元の方が温泉に対しての感謝の気持ちがよく表れています。


036.JPG

浴場入口をあけると温泉分析書があります。泉質はナトリウム塩化物泉です。共同浴場はどこも管理人がいない無人ですので入口で200円払ってはいります。


029.JPG

浴槽です。手前が熱い湯。


028.JPG

すぐ横に脱衣場。お風呂から丸見えなので盗難にはなかなか遭いにくいです。


026.JPG

入浴上の注意書き。こんなんみると共同浴場はいいね〜。


025.JPG

このお湯が実に熱くって熱くって((+_+))!!(特に右側)。
源泉は80度あるからね〜(やっぱ水で埋めないと・・・)。ぬるいほうでも44,5度あるんじゃないかな。
でもって極めつけが「飲泉」で胃腸病には抜群の特効があるとのことで・・・(今はどうかわかんないけど、昔は入浴料200円、お湯の持ち帰り2,000円って・・・(-_-;))


034.JPG

お湯の仕切りの真ん中に画像のように(ちょっと見にくいけど)小さな戸をスライドさせてお湯を混ぜる仕組みです。(ってこんな熱い湯を混ぜてどうすんだっての(-_-;))

でも浴後は、サッパリ・スッキリ。筋肉疲労にもいいかもね〜
熱い湯好きの方にはいいかもね〜


じゃね!

posted by メタボン at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 大分県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする