2014年01月10日

近畿地方の湯〜湯村温泉の巻〜

はあ〜〜い!メタボンで〜〜す!
あけましておめでとうございまあす!(ってもう遅かったか(-_-;))
今年もよろしく願いいたします・・・・って昨年から1か月も更新サボってゴメンナサイm(__)m

メタボンのような窓際族(ホントに窓際(^_^.))はなかなか雑用が多くって・・・平にお許しを


さて、新春早々寒さ厳しいので、やっぱここはあったか温泉が一番でしょ!ってなわけで
兵庫県にある湯村温泉のご案内です。なかなか兵庫というと即「有馬温泉」なんてイメージですが、山陰側にはいい温泉地があってなかなか魅力的な県です。

ではご紹介!!

湯村温泉はJR浜坂駅を下車してバスで25分位奥まったところにあります。

122.JPG

浜坂駅です。年末の大雪がまだ残っていました。
今ごろはカニの美味い時期なんだけどな〜(-_-;)


123.JPG

128.JPG

駅の前には浜坂温泉の足湯がありました。

この浜坂温泉ってえのが最近掘り当てた温泉でして・・・雪深い山陰の道路は融雪道路といって雪を溶かすため路面に小さな噴水装置がつけられてるんですが・・・・その水源はどこの自治体も地下水に頼っています。ところがここでその水源確保に井戸を掘ったらなんとあ〜た!高温の温泉が湧き出したっていうからすごいよね!(^^)!それで浜坂温泉が誕生したってわけ!(ええのお〜)

そこはさておき湯村温泉行きのバスが来ましたよ!!


129.JPG

130.JPG

これに25分乗って・・・ちょうど湯村温泉バスターミナルへ着いたとこ!


158.JPG

ここから階段を下りていくと


131.JPG

132.JPG

あの有名な「荒湯」にご対面です。
この荒湯という高温の温泉がすぐそばの春来川の河岸から湧き出しています。これは自噴泉で98℃もあるんだって((+_+))


138.JPG

134.JPG

川の側は当然温度が高く長〜い足湯が作られています。


135.JPG

河畔には有名人?の手形があります。ここは過去に吉永小百合さん主演のNHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としてその風情が全国に知られるようになり、以来「夢千代の里」とも言われています(吉永小百合さんの手形わからなかったよ(-_-;))。


143.JPG

142.JPG

またこの荒湯の湯温は高温なんでここで玉子や野菜などを茹でて食べることができます。

そこから川沿いを歩いて200mくらいのところに「薬師湯」という共同温泉があります。


145.JPG

146.JPG

ここは2008年に荒湯近くから新しくここに作られました。すごい威厳のある共同湯でしょ!(^^)!


150.JPG

脱衣場は広く清潔です。


151.JPGロッカーも充実。

147.JPG

149.JPG

浴場は広く湯気でムンムン。湯量も豊富で大満足!!
泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸泉(低張性、弱アルカリ性高温泉)なんで保湿感が抜群のお湯。


152.JPG

温度管理も適温に保たれていました。


153.JPG

受付で記念のタオルを購入。いいお湯でした。
これで400円です!満足満足!!

じゃね!!


皆様にお知らせです!!
次回より「メタボンの温泉放浪記」も
装いも新たに??して(ファイルのアップロードがいっぱいになっちゃったから(-_-;))

「メタボンの温泉放浪記season2」として出発します。
また引き続きよろしくね!!

アドレスは以下をご利用下され。

http://onsenman2.seesaa.net/


じゃあね!



posted by メタボン at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック