2013年05月19日

鹿児島県の湯〜湯之元温泉元湯の巻〜

は〜い!メタボンで〜す。10日ぶりでお久です!!

さて今日は鹿児島の湯之元温泉のご案内です。ここの温泉地はJR鹿児島本線の湯之元駅で下車して3分くらい
歩くと国道3号線に出ます。そのあたりに旅館や外湯が点在しています。さらっとして硫黄の香りのするいいお湯です。メタボンの大っ好きな「田乃湯温泉」も実はこの湯之元温泉エリアです。
ではぼちぼちとご案内!

208.JPG

いきなり歓迎の横断看板。元湯はいいとして、
「打込湯」って何じゃ??


218.JPG

浴場受付です。オバちゃんが近所の方とお話し中でした。


217.JPG

値上がりしたとはいえ・・・130円の入浴料!!
(入浴料の安いとこは大体お湯が良いんです!!!(^^)!)


216.JPG

脱衣所内のコインロッカーもコインリターン式で無料(^^)!


213.JPG

お湯が熱いんで注意書きが(^_^.)


211.JPG

浴槽は2つに分かれています。


215.JPG

ここは看板通り「元湯」と「打込湯」の2本の源泉が入っています。元湯より打込湯のほうがまろやかで硫黄の香りが少ないようです。
湯温は42℃くらいでしたがさらっとしたいいお湯です。「カラダが暑くなったら上がってまた冷ましてまた入る」ってするのが良いそうです。
浴後は番台のおばさんに打込湯のことを聞いてみたよ!

打込湯は「ウッゴンユ」って呼んでいたそうです。昔、この界隈で村人が農作業に従事していて毒虫や特にマムシも多かったんで噛まれたらこの湯に入って治していたそうです。効果は抜群だったようです。
もともとこの元湯と打込湯は離れて湧いていたそうですが、新しく外湯を作る際に2本を統合したとのこと。
(やっぱ地元の方に聞くのが一番やね!!)


219.JPG

横断看板の裏には優しいお礼の言葉が!!

いやあ〜久しぶりにココロもカラダも癒されたよ!
車で来ても駐車場も結構あります。なかなか恐るべし。あなどれんな〜湯之元温泉!!


じゃね!!

posted by メタボン at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

鹿児島県の湯〜薩摩川内温泉「川内温泉センター」の巻〜

は〜い!メタボンで〜〜す!!なんか知らない間に3月!2月中旬に更新して、「これでちょっと大丈夫!(^^)!」なんて思ってたら・・・(-_-;)
仕事もですけど・遊びもですけど・・・・それなり本気でやっちゃって・・・今日はがんばるど!!!

さて、今日の温泉は(って笑うセールスマンじゃないんだから(^_^.))
薩摩川内温泉なんだけど、鹿児島っていうと霧島・指宿温泉がすぐ思い浮かぶけど、北薩地方はそれはそれはいい温泉、名泉の多いところでして、この温泉もJR川内駅下車すぐの「川内ホテル」併設の公衆浴場なんだけど、ここもおススメのお湯ですよ!
ではそろそろとご案内じゃあ〜w

110.JPG

111.JPG

この乱雑さ?はいかにも公衆浴場やな!!


105.JPG

106.JPG

ところがちゃ〜んと温泉分析書も掲げてあります。(そりゃ温泉なら義務ですバイ!)


107.JPG

108.JPG

鹿児島の温泉銭湯に多いんだけど、いろんなお湯の楽しみ方ができるのもすごいとこ!主浴・気泡浴・低周波浴のほかサウナもあるんだよ!

しかも

109.JPG

飲泉まであります。もともと源泉39℃ですから
ぬるくって飲みやすい!(^^)!

この源泉を浴槽に加温41〜2℃にしてかけ流しです。ホントすごいやろ!!しかも単純泉で肌触りもさらっとしていいお湯です。

いや〜あ極楽極楽!(って仏教徒の方はこれでいいんだろうけど、キリスト教徒の方ならなんていうんだろうね・・・天国天国っていうのかな(^_^.)ってくだらんことはこれくらいにして(-_-;))

またお泊りまりまりでゆっくり入りたいな!!
お泊りの方はもち無料ですが、外来の方も300円だもんね!とっとけよ!釣りはいらね〜よ!!ってメタボンは500円玉は出せないアナ〜

じゃね!
posted by メタボン at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

鹿児島県の湯〜紫尾温泉「神の湯」の巻〜

はあ〜い!!メタボンどぅえ〜す!

連続更新バンザイ!!今日はず〜っと前からご紹介しようと思っていました紫尾温泉です!!(^^)!
この温泉は鹿児島県でもかなり効能豊かとゆうか、すご〜く力のある温泉なんですね〜

皆さんはさあ、温泉入ったあとどう感じるのかな??さっぱりしたとか、温もったとか、はたまた疲れがとれた〜〜とか・・・・

ところで自分のカラダにいい温泉は入浴後にねえ〜
「カラダがだるくなる」
温泉がその方によく効く療養泉だと思ってます。

こいつに定期的に入ると体の調子がよくなっていきます!!・・・ってメタボンの持論ですが、あながち間違いではないですよ。

皆さんもご自分で「この温泉入ったらもうだるくって何もしたくない・横になりたい」とか言える温泉を見つけましょう!!

さて、今日のご紹介の紫尾温泉はメタボンが一発アウトになったすごい温泉です。

紫尾温泉 (2).jpg

入口です。「神の湯」てえのはこの建物のお隣にあります「紫尾神社」の神殿下から湧き出た温泉だからです。


紫尾温泉 (1).jpg

温泉分析書は通常の約50℃の単純硫黄泉です。無色透明とありますが


紫尾温泉.jpg

実際は少し緑がかっています。お湯は硫黄泉にしてはまとわりつくようで重い感じがします。鹿児島ではなかなかお目にかかれない泉質です。硫黄泉でPH9.4はかなりアルカリ度が高く、そのせいかもしれません。


紫尾温泉 神の湯.jpg

浴後は汗だくだくでどっぷり疲れてすぐに車の運転なんてできそうにもありません。夏に入ったら汗出まくりで脱水症状になっちゃうかも(-_-;)

いやはやすごい温泉。もちろん飲泉も可能でなんと200円!(いまはどうかな??)
おすすめの一湯!!山口からは遠いけど入浴の価値十分ありますよ!!

じゃね!
posted by メタボン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

鹿児島県の湯〜硫黄谷温泉「霧島ホテル」の巻〜

は〜〜〜い!!メタボンで〜〜す!
いやあ〜連続4日更新!ぜっていおかしい<`ヘ´>(お前がじゃ!だってスペシャル酔っ払い(@_@;))
ってホント!疲れてるのになぜか??頑張ってるね!
てなわけでして

今回は鹿児島の硫黄谷温泉「霧島ホテル」のご紹介!!

ここは言わずもがな、ご存じの方も多いと思います。なにがすごいって言う〜と
@湯量の多さ・・・半端な多さではない!(それじゃわからんやろ!(-_-;))
A源泉の多さ・・・いっぱい湯がでるんじゃろ!(別府と変わらんじゃん)
B泉質の多さ・・・同じ箇所でそうそう泉質の変わるもんはでらんよ!(^^)!

ってなところです。

じゃあちょっと見てみましょうか


2012.8鹿児島 (26).JPG

霧島ホテルの看板温泉「庭園大浴場」です。ホント広さと湯量で九州随一!!


2012.8鹿児島 (28).JPG

2012.8鹿児島 (29).JPG

とにかく圧巻です。


2012.8鹿児島 (25).JPG

「内湯」には硫黄泉のほかに明礬線と塩化物泉と霧島地下水の水風呂があります。これだけ見てもすごいでしょ!


2012.8鹿児島 (30).JPG

温泉分析書。まだまだ時代が寛容な頃です。


2012.8鹿児島 (31).JPG


2012.8鹿児島 (33).JPG

今の温泉分析書です。

九州によく出没するメタボンだけど・・・こんな温泉見たことない!脱帽

料金は1000円也!!ってぶち安いど〜〜〜


posted by メタボン at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

鹿児島県の湯〜鹿児島市内温泉「郡元温泉」の巻

は〜いメタボンです。調子のいいうちに次の更新をば!!(ってお前どんだけムラのあるやつなん?)って頑張るよ〜!

今回は鹿児島市内温泉「郡元温泉」をご紹介。
鹿児島県は大分県・熊本県とならぶ温泉の宝庫でしてしかも鹿児島市内にたくさんの銭湯があってこれがほとんど温泉とあって、これを鹿児島市内温泉と呼んでいます。
現在は70か所くらいあって、入浴料も一律360円で入浴できるリーズナブルな温泉なんですよ。
(え〜なぁ〜。鹿児島市に住みたいな〜)
ではご紹介!

021.JPG

鹿児島市内温泉は路面電車で回ると便利がいいよ。ちなみに涙橋電停すぐ


020.JPG

りっぱな建物でしょ!


027.JPG

中に入るとすぐ「かかり湯」があります。


045.JPG

大きな浴槽と、画像では撮れなかったのですが画像左側に電気風呂があります。市内温泉にはどこもこの電気風呂があります。
それと、飲泉できるところが多いんですね〜。
ここも右隅お湯の出口にコップが置いてあるでしょ!
(ちょっとうす塩味でした。)


068.JPG

右横には水風呂!もちサウナがあるからだよ!

鹿児島市内温泉のすごいところは温泉でありながらサウナがあったり・電気風呂・寝湯・気泡湯などいろいろな施設が備わっていて別府のように大浴場単体のみってところがほとんどないのが驚きです。
もう市内温泉めぐりにハマってしまいそう)^o^(

しかも泉質はさらっとした塩化物泉。40〜42℃の適温でござりました!!
いやあ〜これで360円はすごい!!さて!次行くぞ〜!!




posted by メタボン at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする