2011年10月15日

木次線〜奥出雲おろち号・トロッコ列車の旅〜後篇

は〜いっ!メタボンです。きょうも晩酌でちょっと酔っぱらいおじさんですが更新頑張りますよぉ〜
(ちょっと眠いけど・・・(-。-)y-゜゜)

さて、木次線後編です!始まり始まり〜〜

さてさて、備後落合駅は前編でもご案内の通り無人駅でして・・・とっても趣があるのにねぇ~
列車の待合時間にも売店・コンビニ等あってもいいよね<`〜´>

(どうもJR西日本さんはこんなとこに利潤欲が無いっていうか・・・ちょっとJR九州さんを見習ってほしいよね!)

と話が脱線してしまいましたが、さあ、備後落合駅を出発の前のおろち号、正面から見るとカッチョイイ!!

052.JPG

071.JPG

この日はお天気も良くさわやかですが、この木次線沿線は冬季になるととても雪深く、豪雪地と変わらない環境の時がおおくあります。

よって牽引機関車がDE15形ディーゼル機関車で、こやつは液体式除雪用ディーゼル機関車というラッセル車(雪かき)の役目のできるすぐれものなんですね!

日本にはもう十数台しか現存せず貴重な機関車なんですね(勉強になるやろ!!ちょっとメタボンもエライやろ(^_^;))


068.JPG

鮮やかにペイントされたおろち号!出発!!


これより出雲坂根駅までかなりの急勾配を降りていくおろち号ですが、途中2段スイッチバックを経て中継地的な出雲坂根駅に到着します。

ではそのあたりをぜひぜひ・・・



勾配がどんどん下がっていってます。この日は風が冷たく、メタボンは半袖シャツだったんで寒くって寒くって・・・(同行のS君は半パンやけ!ええかいなコイツ!)

084.JPG

088.JPG

おろち橋梁とループ道です。これだけでも勾配差がわかるでしょ!


072.JPG

列車はスイッチバック線に入り



出雲坂根駅に到着します。

到着後はほとんどの乗客の方々が下車されて・・・トロッコ内は閑散(S君の独壇場!)


007syusei.JPG


ちなみにここでガイド役の女性の方と今回の親切な車掌さんのご紹介!

013.JPG

077.JPG

いろいろ酔っぱらいのお相手をいただきありがとうございました!!

その後、おそばで有名の亀嵩に停車。


054.JPG

014.JPG

有名な亀嵩そばは予約していると、列車の発車時まで駅に持ってきてもらえます(頼めば良かった(-_-;))

さて、列車は備後落合をすぎて2時間超、終点の木次に到着です。


015.JPG


053.JPG

無事に仕事を果たした満足げのおろち号です!


お疲れ様!また乗せてね!!



posted by メタボン at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の旅〜中国地方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

木次線〜奥出雲おろち号・トロッコ列車の旅〜前篇

は〜い!メタボンです!ひさびさ鉄道の更新です!ワクワク!

鉄道はなかなか入力に時間のかかるとこなんでついつい億劫になっちゃって・・・(-_-;)スミマセン

この間の10月初めに行ってまいりましたのでけっこうリアルタイムかな!

さてさて・・・
初めに少々木次(きすき。きすぎって濁っちゃだめだよ!)線のご案内をば!

芸備線の備後落合から中国山地の高所を出雲坂根駅までスイッチバックで越え、木次を過ぎ山陰本線の宍道まで伸びる線で、そりゃ高低差の高い路線です。

ローカル線としては非常に趣があり、風景も絶景です。

(でも昨今道路網の整備が充実してるから、移動目的の方は車を利用するよね!でも鉄ちゃんには最高!・・・赤字路線やろなあ(*_*))


106.JPG

広島駅9番ホーム。これから芸備線で三次(みよし)まで行きます。ビール1本、酎ハイ2本買って乗ったよ!

110.JPG

結構乗客が多かったのですが狩留家を過ぎるとかなり少なくなってきて・・・その分風景もとっても良くなってワクワクです。

112.JPG

メタボンのリュックもゆっくり!

113.JPG

三次駅に到着。ここでは備後落合行きに6分しか乗り換え時間がありませんが・・・またまた酎ハイを1本買ってきました(何しに来てんのやお前!)(^_^;)

114.JPG

いま乗ってきた列車です。
前は朱色・後ろはツートン・・・できれば色を統一して欲しいよね!!適当に?連結しないでちょ!

115.JPG

三次からは1両のワンマンの備後落合行きに乗ります。

129.JPG

沿線はこんなきれいなところを走ります!う〜ん癒されるう〜

141.JPG

備後落合駅に到着。ここは芸備線新見方面と木次線の乗換駅ですが…なんと無人駅でして、ちょっとがっかりでした。山の中だけどちょっと期待したんだけど・・・ビールも買えないよ!回りに売店も何もないからプンプン!!

143.JPG

駅舎です。といっても・・・すげ〜がっかり!!

142.JPG

だってこれしか列車がないもんね〜ってこれから乗る「おろち号」を待つこと20数分・・・・入線してきました「奥出雲おろち号」!

では動画にて!!



でも〜なんでバックで入線なんじゃあ??



ちょっと酔っぱらって眠くなったので後編にて!ゴメンちゃいm(__)m


























 
posted by メタボン at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の旅〜中国地方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

山陰の旅〜新山口〜米子

はあい!メタボンで〜す。お待たせしておりました山陰の旅、いよいよスタートです。

新山口〜米子てえ〜とそれはそれは道中長いのですが、(山口線約2時間、山陰線約3時間って(-_-;))、風光明媚な日本海沿岸をあ走る路線とあってメタボンはもうワクワクです!

さあ〜それでは出発進行〜

sanin.jpg

朝の新山口駅。この気動車で新山口をでて山口線を北上して益田まで行きます。

途中の写真が無いんです(-_-;)なぜって・・・・

朝早かったから車内で爆睡でした<(_ _)>



sanin (3).jpg

益田駅です。結構立派な駅でしょ。

次のアクアライナー(9:27)に乗るのに時間あって眠気覚ましにゴソゴソとしています。


sanin (5).jpg

9:17に益田始発のアクアライナー米子行が入線してきました。

カッチョイイですね。



sanin (7).jpg

ワンマン仕様なので運転席横の料金箱もしっかりあります。



sanin (8).jpg

でも車内は普通電車と思えんほどいい造りです。

特に座席のゆったり感・窓の大きい感じがいいですね。

sanin (10).jpg

益田を出て三保三隅を過ぎたあたりからきれいな日本海が見えてきます

いいねぇ〜癒されるww


sanin (11).jpg

どう〜この色!!


sanin (13).jpg

出雲市駅に到着。反対ホームには「やくも」号岡山行きが出発するところです。


sanin (2).jpg



sanin (16).jpg

宍道湖が見えてきました。いよいよ松江です。


sanin (20).jpg

松江市街が見えてきました。米子へはもう30分。



saninn (3).jpg

松江のシンボル!松江城です。キレイでしょ!徳川譜代松平様のお城で威厳がありますね。



saninn (4).jpg

お城から見た宍道湖を望んでの松江市街。いいねえ〜〜


saninn (1).jpg

やっと米子に到着。


saninn (2).jpg

米子には山陰で一番大きい操車場・客車区があっていいなあ〜







posted by メタボン at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の旅〜中国地方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする