2013年10月03日

18きっぷで行く信州の旅Part.5 〜湯田中温泉の巻〜

は〜〜い!メタボンで〜す!
いやあ~温泉ファンの方、お待たせしました。いよいよ湯田中温泉です。

湯田中温泉は長野県、志賀高原の西麓に位置していて、湯田中・渋温泉エリアのいちばん低いところに湧く温泉です。
湯田中温泉としては「湯田中」「新湯田中」「星川」「穂波」「安代」の5つのエリアでの温泉を「湯田中温泉」と呼んでいます。

前置きが長くなりましたが、メタボンは「新湯田中温泉リア」に泊まります。
新湯田中温泉は、長野電鉄・湯田中駅に一番ちかくにある温泉です。
湯田中駅の東側に広がる湯田中温泉に対して、西側に位置するのが新湯田中温泉です。
ここは昔、湯田中村の三社遊郭として開発されたのが始まりで、戦後遊郭が廃止された後、温泉地となり
現在の新湯田中温泉となりました。昔の遊郭の「内山楼」が現在の「清風荘」で、唯一遊郭時代の建物を残しています。メタボンはこの「清風荘」に泊まります。

「清風荘」さんの詳しいご案内はこちらから!

天然温泉 | 信州・湯田中温泉 旅館 湯めぐりの宿 清風荘 公式サイト


027.JPG

正面玄関です(翌朝の画像ですが、ええ雰囲気です)。

早速お風呂へ入ります。
まず旅館自慢の「平安風呂」です。


017.JPG

016.JPG

弱塩化物泉でかけ流しです。(またこれが熱いんだ(-_-;))


019.JPG

時代を感じさせる湯屋建築実に風流です。


022.JPG

高い天井には湯気抜きがあります。


その後、新湯田中温泉の2つの共同浴場は「鶴の湯」・「亀の湯」に入りに行きます。ここは旅館からすぐ近くですので下駄ばきでカラ〜ン コロ〜ンと(鬼太郎か)歩いて行きます。

まずは「鶴の湯」から


001.JPG

入口。(酔ってるせいかぶれててゴメン!)


002.JPG

温泉分析書です。


003.JPG

浴場内です。(これもボケとる(-_-;))


005.JPG

これもかけ流しで、ぶち熱いです。(酔っ払いメタボンはかけ湯をしてすぐドボンと入ったら・・・・熱い熱いで飛び出し!!
熱さと暑さで汗だくだく・・・

で、お次の「亀の湯」です。鶴の湯からちょっと歩きます。


008.JPG

亀の湯入口。また熱いんやろ〜なあ(+_+)


011.JPG

さっきの「鶴の湯」もそうでしたがこの2つの共同浴場は旅館等で貸し出してもらえる専用の鍵がないと入浴することができないシステムになってます。


012.JPG

浴槽全景。入浴の方がいらっしゃいましたのでちょっと遠慮してます。


013.JPG

お湯が黒いようですが・・・・中のタイルのせいです。
そんな感じなかったよ。でもここは湯温調整してあったのでゆっくり入れた。いやあ〜極楽極楽。
浴後はさっぱりして旅館に帰ってからのビールがうまいうまい!そのまま爆睡!!

さて、早朝メタボンはこの旅館自慢の「平清露天風呂」に入ります。(まだ朝5時だよ。(-_-)zzz
)さすがに誰もいなかったので貸切でしゅ!


024.JPG

023.JPG

志賀高原の天然石を配置しており、湯船も、ゆったり大きなお風呂です。12,3人はゆっくりは入れるのかな。中央の石の上にペタンと座れて気持ちいいよ。
お湯も少しぬるめだったし・・・

025.JPG

026.JPG

おゆも絶え間なくかけ流し!(^^)!

浴後はちょっとゆっくりしたのち・・・・いやあ〜今回は大満足の温泉でした。

さあ〜これからいよいよ帰路につきます。

湯田中⇒長野⇒直江津⇒富山⇒新大阪⇒新山口の順です。

そろそろクライマックスでっせ!!

でも・・・・今日はここまで!!


じゃね!

【関連する記事】
posted by メタボン at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

18きっぷで行く信州の旅Part.4

は〜い!メタボンで〜〜〜す!!
きょうから10月!早いねえ〜もう今年も残すとこあと3か月!(また1つ齢とるんか〜(-_-;))

さて、10月第1発目の更新です!!(といっても続きだけど・・・)

では始まり始まり〜〜〜

善光寺を後に長野駅に戻ってきたメタボンはこれから長野電鉄に乗って湯田中温泉を目指します。

212.JPG

長野電鉄長野駅は地下ホームにあるんだよ!


238.JPG

17:14のB特急「湯田中」行きに乗ります。


239.JPG

241.JPG

長野電鉄1000系電車です。この車両見たことない??実は小田急電鉄で使用されていたロマンスカー10000形を、長野電鉄が無償で譲り受けた車両です。愛称は「ゆけむり」といいますが(小田急も太っ腹やね〜!(^^)!)


243.JPG

244.JPG

内部はロマンスカーそのまま!先頭の展望車両に陣取ったよ!!(特急券100えんでどこでも座れるから早いもん勝ちなんだよ!(^^)!)


240.JPG

地下のデッドエンドも味があります。
では出発!
今回は全部動画でご案内!!
動画でぜひ!!

地下ホームより出発した列車は次の停車駅まで爆走中。




その後列車は千曲川を渡ります。



出発からおよそ50分で終点湯田中に到着です。もう暗くなりました。




ここから旅館まで歩いて5,6分。温泉の話まで行こうと思ったけど・・・

もう眠い(-_-)zzz
おやすみ・・・また明日!

じゃね!
posted by メタボン at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の旅〜中部・北陸地方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

18きっぷで行く信州の旅Part.3

は〜い!メタボンで〜す!いつもたくさんの方に見ていただき感謝感謝です。
きょうはちょっと飲み過ぎで眠いのですが・・・ちょっとだけ頑張るど〜

さて、長野に着いたメタボンは憧れの「善光寺詣り」に行きます。長野駅からバスで15分位で着きます。またバスも結構ありますので待つことなく乗れると思います。

213.JPG

善光寺前交差点。もう重厚な雰囲気が漂います。


214.JPG

まず最初に「仁王門」からくぐります。仁王門は宝暦二年(1752年)に建立されましたが、善光寺大地震などにより二度焼失し、現在のものは大正七年(1918年)に再建されました。この門には善光寺の山号である「定額山」の額が掲げられています。


217.JPG

216.JPG

左右の仁王像。これらは高村光雲・米原雲海の作であり、その原型は善光寺史料館に展示されています。また草鞋(わらじ)がたくさん奉納されていますがこれは旅の安全や健脚などの祈願となるようです。むかしの旅はある意味命がけだったんだね(-_-;)。


219.JPG

仲見世通り。夕刻とあって参拝客はまばらでした。(こんな時やたらカップルの姿が目に付くんだなこれが・・・<`ヘ´>)


221.JPG

この牛にひかれてお詣りしたのかな


222.JPG

これがあの有名な「善光寺山門」。寛延三年(1750年)に建立され、楼上に「善光寺」と書かれた額が掲げられています。この「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。


224.JPG

本堂です。過去に十数回もの火災に遭いましたが、そのたびに善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきました。現在の本堂は宝永四年(1707年)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。


228.JPG

本堂内です(撮ったあと撮影禁止と気づきまして・・・ごめんなさいm(__)m)


232.JPG

これが経蔵です。中には仏教経典を網羅した『一切経』が収められています。建物老朽化に伴う検査のため、当面の間、参拝できませんでした。


229.JPG

それからこちらが忠霊殿と善光寺史料館です。忠霊という言葉でなんとなくわかりますね、戊辰戦争から第二次世界大戦に至るまでに亡くなられた240万余柱の英霊を祀る、我が国唯一の仏式による霊廟です。また、1階には善光寺所蔵の什物を展示する「善光寺史料館」です。


235.JPG

最後に「六地蔵」です。六地蔵とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の6つの世界で我々を救ってくださる菩薩様です。

いやあ〜メタボンのガイドぶり!みんなお勉強になったでしょ!もう善光寺に参拝した気分になったでしょ !(^^)!
さていよいよこれから長野駅から「長野電鉄特急」に乗って湯田中温泉へGO!なんですが・・・・

眠いので・・・ここまで

じゃね!!

posted by メタボン at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の旅〜中部・北陸地方編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする